アメリカにベンゾ依存はない

知り合いの医者がアメリカの病院へ就職しまして、たまたま帰ってきた時に、会って話をしたのですが、なんと、アメリカにベンゾ依存っていないみたいなんですよ。えー!嘘ー!

話はそれるのですが、僕の友人の医師も、今、イギリス留学中なんですよね。

アメリカにはベンゾ依存がいない

なんで、優秀な人はみんなアメリカやイギリスに学びに行くと思いますか?
それは、アメリカやイギリスに行かないと学べないからです。

基本的に心理療法のあらゆる文献は欧米発信ですから、あっちに行かないと、技術や社会システムについても学べないのです。
そういう意味では、日本の精神医療は50年ぐらい遅れているなというのが僕の印象です。

何の話でしたっけ(汗)。ああ、そうです。
ベンゾの依存はヨーロッパは少しよく分かりませんが、僕が話した中では

「長期服用は避けてください。この薬には依存性がありますから」
と、少なくとも情報提供はされていました。

日本では情報提供さえなされていないのではないですか?
とにかく、アメリカには、ベンゾ依存はいないらしいですよ。ビックリですよね!

え?ベンゾ依存が分からない?
ベンゾとは、ベンゾジアゼピン系と言われる薬で、睡眠導入剤と抗不安薬です。
怖いですよ、ベンゾは。僕は、日本の精神科・心療内科にかかっている人全てが処方薬依存症者だと思っていますからね。
そして、その多くが、ベンゾの依存です。

では、いよいよ発表です(笑)。
なぜ、アメリカにベンゾ依存がいないのか

答えは病院がオンラインで繋がっているからです。

「君は先週〇〇病院で、薬が出ているからウチでは出せませんよ」と断られるんです。
日本のようにドクターショッピングできないようになっているんです。
なぜ、大金をかけて、そんなシステムを導入しているのか?

ベンゾが依存するからです(笑)。

日本はなぜ、そのシステムを導入しないのか?いろいろ理由はあるでしょうが。
一言で言うと、日本人は依存症を知らなすぎる。
欧米で、一般人レベルで、依存症は病気であるという認識、どうやって治療するかということは常識として知っていることです。
有名人は大体、ヘロイン依存かアルコール依存だしね(偏見)。
有名なドラマや映画には主人公か、その周辺に依存症者がいます。
かかかりつけのカウンセラーも常識だしね。日本はメンタルヘルスに対して、後進国としか言いようがないですね。

ほんとうは、これから、社会システムとして、日本はどうなっていくべきなのかということを話をしなければいけないと思いますね。

新聞記事

薬物耐性について

睡眠導入剤、抗不安薬、をベンゾジアゼピン系の薬といいます。
最近は、非ベンゾの薬もありますが、非ベンゾの処方薬依存も見てきたので、なんとも言えません。

とにかく、ベンゾ依存も末期になると、使用量がどんどん増えてきます。
これを、薬物耐性と言います。

そして、それにともない、禁断症状も出てきますので、朝から睡眠薬を飲まなければ、身体が動かないという逆転現象が起こるようになります。怖いですね。

むかい酒という言葉があって、酒飲みが朝から酒を飲むのもこのためです。禁断症状のため身体が動かないのです。
使用量が増えるので、ひっきりなしにポリポリと噛み砕きながら食べる。
この、ポリポリ食べるというのも何人か見たことがあります。理由を聞いたら、早く効果を得るために噛み砕いてるとのことです。

こういう人たちは毎日大量に薬を消費するので、内科、クリニック、心療内科、精神科を日々グルグルと回って薬を手にしているのです。同じところで大量には流石に出してもらえませんからね。
内科もデパスなどの抗不安薬を出してくれるところもありますから、皆さん、よく知ってますよ。

エミリンについて

例えば、エリミン、通称赤玉と呼ばれる睡眠導入剤があります。
当然、ベンゾです。これが、処方薬依存症者の中でものすごく人気が高いんです。
ベンゾなんてなんでも一緒だろうと思うのですが、エリミンでないとダメという人もいますからね。

エリミンは悪名高くて有名なので
普通の良心的な心療内科や精神科じゃあ出してくれません。

ですから、エリミン愛好家たちはSNSで、〇〇クリニックは岡山で唯一エリミンを出してくれるぞと情報共有するのです。

ちなみに、僕のブログを読んでエリミンが欲しくなってもダメですよ。
昨年、惜しまれながら、発売中止になりましたから。もちろん、知ってますよね(笑)。ほんと、そこらの精神科医より、よっぽど知っていますからね(汗)。

ドクターショッピングをする人たち

ドクターショッピングとは

青い鳥を探すように、いろんな医療機関を渡り歩く人たちのことを指します
その背景には依存というメカニズムがあるということをみんな知りません。

「エリミンを出してくれる、良い病院がある。あそこの先生は、言われるままに薬を出してくれる良い医者だ」
みんな口々にそう言っています。

本当にそうだろうか。
本当は、苦しみをとってくれる、青い鳥を探しているのではないでしょうか。
処方薬依存からくる禁断症状、時々やけになってOD(オーバードーズ)(大量に薬を飲むこと)をする。
根本にある苦しみ。どれも、本当に苦しいですからね。

青い鳥

ご予約をご希望のお客様はこちらをクリックして予約ページに移動してください。

K'sセラピールーム予約ボタン

新聞記事
最新情報をチェックしよう!