CATEGORY

精神科・心療内科

精神科で働くということは命を懸けるということ

このブログでは、現状の精神科や心療内科のことをとやかく言っている部分もありますが、一番は精神科の病院というものにまっとうになって欲しい・・それだけの思いです。 こう見えても、僕は、基本、精神科で働く、医師、看護師などのコメディカルに対してリ […]

治る病と、治らない病があるのです

前回、統合失調症という病気について話しましたが・・・統合失調症は慢性期疾患です。僕も、そのため統合失調という病を治療・カウンセリングの対象とはしていないです。 慢性期疾患が「治る」とは言えないですからね・・・ では、何が治る病気なのか・・・ […]

精神科の歴史は統合失調症とともにある

前回、精神科で働いているほとんどの人が 精神疾患を慢性期疾患であると思っている という話でしたね。なぜ、そんなことになったのか・・・。いや・・最初から、ずっと、それこそが普通だったからです。 精神科で慢性期疾患の代表的なものが統合失調症とい […]

精神病院は病気を治す場所ではない

4年前、僕が病院を辞めた時、僕の師匠の精神科医にも連絡を入れました。すでに、師の先生は病院を辞めて、関東の有名な病院に行ってしまっていたので・・・ その時、病院を辞めたこと、カウンセラーになることは良いことだと仰っていただけました。加えて「 […]