条件反射制御法四国研修会に参加して

先月、条件反射制御法の学会が四国であったので参加してきました。
条件反射制御法はK’sセラピールームがメインであつかっている治療法です。

条件反射制御法は下総精神医療センター 薬物依存治療部長 平井愼二 先生が2011年に開発した治療です。
条件反射制御法はチャゲ&アスカの飛鳥涼氏がおこなったことでも有名な治療です。
最近はストーカーの治療としてもメディアに出ることも増えてきています。

これらは、犯罪性があるものなので、一見、健康な人間には関係のないことのように見えますが、条件反射は梅干を想像したら唾液が出るといった、意識とは別の脳の働きです。
わかっていてもやめられない行動はすべて条件反射であり、全ての生命の生命維持活動は条件反射の駆動です。
なので、様々な病気や行動に対して、応用が効く治療であると考えています。例えば、うつであるとか、ダイエットであるとか・・。

条件反射制御法の説明は、また後日するとして、K’sセラピールームを開業することを平井先生には電話でしか言ってなくて、その時のリアクションが「まあ、頑張ってください」と非常に蛋白で、所詮、僕のような木っ端セラピストは、歯牙にもかかってないのかなとさみしく思ってしまいました。

ですから、研修で久しぶりに顔を合わせるのに、ドキドキしてしまいました。
しかし、平井先生は僕をみて第一声、「どうですか?K’sセラピールーム調子は?」なんと治療院の名前まで、どこで調べたのか知ってくれてました。平井先生、やさしいです!嬉しかったです!

さて、肝心の研修の感想ですが、僕も、条件反射制御法の理論及び、手順を自分なりにかなり応用してやっていっていると自負していましたが、平井先生を始め、中元総一朗先生や長谷川直美先生の発表を聞いて、まだまだ改善の余地があるなと、非常に実りある研修でした。

条件反射制御法は素晴らしい治療です。
今までの心理学の常識をくつがえす発明であると思っています。
たくさんの精神科医、臨床心理士の方々が臨床で使ってくれたら、きっと世界は変わるものだと信じています。

いつか、K’sセラピールームをしっかりと軌道に乗せて、平井先生を岡山に誘致して、公演をしていただきたい、それが当面の僕の夢です。

ご予約をご希望のお客様はこちらをクリックして予約ページに移動してください。

オンラインカウンセリング(zoom・skype)も出来ます。オンラインカウンセリングの手順はこちら

K'sセラピールーム予約ボタン

平井先生と片山太郎
最新情報をチェックしよう!