求めよ、さらば、与えられん

 

今日は、あなたが求めないと、僕は何もできないよという話です。

僕は、カウンセリングにしても、心理療法にしても、基本的に話しをするだけです。
その中に人の苦しみをとる為のメソッドを詰めまくっています。

僕のカウンセリング、治療は平均2時間です。そこまでやらないと治せなかったし、それが必要だと思っています。

目の前に来ていただかないと、何もできないし、提供もできません。そもそも、話しをすることさえできません。

それと、カウンセリングをして、「こういう不自由なところがあるので変えていけるように治療していきましょう」と一応、僕とクライエントの共通の目標を立てます。目指すべき場所です。

すると、「私はこういう風に生きてきた。こういう人間です。それの、何が悪いんですか!」
と怒られる(汗)。
こういう人間って言われましても、それで、苦しんでいらっしゃるので、そこを変えないと、と思うのですが~(汗)。
図らずしも、僕の嫌いな強要になってしまっていたのかもしれませんね。

すみません(汗)。
僕は、苦しい生き方をしてきたから、今苦しんでいると思うのですが、どうでしょうか?
そういった方は、まず自分が苦しい生き方をしていると気づかないと難しいのですかね?

少なくとも、あなたが変わりたいと思わないと、僕は変えられません。

「苦しいから助けて」では弱いかもしれません。
「苦しいから、自分を変えたい!」という人しか、僕は救えないかもしれません。

生きづらさを治したい。うつ病を治したい。不安障害を治したい。依存症を治したいと言ってくれた人は、治します。
明るく元気に生きていきたい。夫婦仲良く生きていきたい。
ストレス感じないようになりたいと言ってくれたら、そうなれるようにします。

治療が始まると、簡単な作業を反復してもらいます。
まず、ルーティンのようなものを作って、それを反復してもらいます。
ルーティンは1回5秒ぐらいのものです。それを1日10回するとします。

これって、ハードル高いですか?
でも、これさえ「忙しい」と、しない人もいます。

回復の為にやるべき事をやらない人も僕は治せないですね(汗)。

あと、一応、「5回で治す」を目標にやっています

ほんの少し、踏み出す勇気を持ってもらいたいですね。

ご予約をご希望のお客様はこちらをクリックして予約ページに移動してください。

K'sセラピールーム予約ボタン

手のひら
最新情報をチェックしよう!