自立とは

自立

自立とは

 他への従属から離れ独り立ちすること。他からの支配助力を受けずに、存在すること。「精神的に自立する」

 支えるものがなく、そのものだけで立っていること。「自立式のパネル」   -weblio辞書より

辞書的に言えば、自立とは別のものの支えなく、直立していることとなります。
それじゃあ、つまらないので、自立について、少し考えてみましょうか。

例えば、よく言われるのが、障害者が1人の介護者に頼りきり、他の人の手をかりるのが嫌だとなってしまったら、依存です。
でも、10人ぐらい介護する人がいたら依存ではないと言われたりします。依存だけどね(汗)。

僕の師匠がよく言っていたのは「プチ依存を増やせ」です。
1個の依存に頼りすぎるから、破綻した時に、代替がきかず苦しむという考えですね。

この考え自体は素晴らしいと思います。
概ね正しいとは思います。まあ、でも、依存は依存ですね(汗)。

社会的自立

僕は、自立には社会的な自立と、精神的な自立があると思っています。
社会的な自立とは、仕事があって経済的に自立していることですかね?
なんか、モヤっとするというか、自立と違うなぁという感じがしませんか?

例えば、起業家で、お金は沢山持っているという人がいるとします。
社会的には自立した存在ですね。
でも、裏では、異常な性癖があったり、浮気をしたり、アルコールに依存していたり、そこまでではなくても、何か満たされない感覚がある。

僕は、それを、自立した存在とは思えないんですよね~。エラソー言ってすみません(汗)。

僕は、社会的にたくさんのものに支えられ、依存して生きていると自覚しています。
まず、妻には、いろいろ助けられ(汗)、コンビニもないと困る、コーヒーも好きだし、電力会社がないと困るし、水道がないと困るし。キリないですね。

じゃあ、完全なる社会的自立とは、自給自足?って感じですかね。
自分で野菜を育てて、獲物を獲って…。僕には、できません(汗)。
それでも、自給自足をしている人も、日本という場所に住むのであれば、日本社会に依存しているのです。

まとめです。
社会に依存することは悪いことじゃありません。
むしろ、太古より、人間は社会に依存してきた存在とも言えます。
依存という言葉に違和感があるのなら、共生という言葉ならどうですか。

人間は集団で共生する生き物であるということです。

人と、共生できることが社会的自立と言えるのではないでしょうか。

どうですか、人と共生、できていますか?

精神的自立

今回は、精神的自立について書いていきますね。

では、逆に、精神的に自立してない状態って、どんな状態でしょうかね?
自立の反対です。  そう、依存です(笑)。
心が依存しているという状態です。
依存とは頼っているということです。何に頼っていますか?

全てですね(笑)。心が依存していると、全てに依存していきますね。
あらゆる、モノ、行動、人に依存していきます。一番怖いのは何でしょうかね?

僕は、人依存が一番怖いと思っています。人依存。怖いでしょう(汗)。
人に甘え、束縛、支配、コントロール、したり、されたり…。
そんな関係、破綻しますよ。
破綻したら、無茶苦茶傷ついて。
失恋して、自殺。振られて、ストーカー、殺人…。いろいろな出来事がおきますね(冷汗)。

人依存で、一番嫌なのは、だんだんと人を憎むようになっていくんですよね。
どうですか、憎しみだらけの人生。  嫌でしょう?

では、精神的に自立した状態とはどういった状態か。

人に過剰に頼らないことです。

人に意見を聞くことはあっても、自分で物事を判断し、自分で決めるということです。
何より、人のせいにしないということです。

そして、明るく楽しく、自分の人生を生き生きと生きているということではないでしょうか。

そんなことできるもんか!
うちの子供は、まだいろいろ手がかかるんよ!うちのお母さんは、介護の手がすごいいるんよ!

そうですね。依存をなくして、生き生きと生きる。
なんて書いたら、すぐ、そう言われてしまいますね(汗)。では、聞きますが、子供を、母を憎んでないですか?

我慢して、世話をして、人を憎む。いったい、それは、誰のためになっているんでしょうかね?

それに、僕は、まったく手をだすな、なんて一言も言ってないですよ。この章で書いたのは、あくまでも、精神的自立についてです。心の自立ですよ。

太陽とひまわり

ご予約をご希望のお客様はこちらをクリックして予約ページに移動してください。

K'sセラピールーム予約ボタン

太陽とひまわり
最新情報をチェックしよう!