K’sセラピールームのお客様の90%が不安障害です。

 

僕のところに来るクライエントの約90%は不安障害です。診断はなくとも不安感をもって生きてきた方々です。
生きづらさを抱えて生きてきた人々と言ったら分かりやすいですかね。
あと10%はうつ病と、依存症、その他です。
しかし、うつ病や依存症も実は不安障害を合併していることが多いです。

うつ病でも反応性うつ病(いわゆる新型うつ病)のベースには不安感があるのです。
依存症も不安感を一時的に解消する為にハマっていき依存してしまうと考えたら、すべては不安障害なのです。

 

不安障害の種類

そして、一言で不安障害と言っても、色んなタイプの方がおられます。

強い不安感が続いている、全般性不安障害。

不安や恐怖を打ち消すために同様の行動を繰り返す。潔癖症、拭えない猜疑心、どうしても気になるなどの考えを持つ、強迫性障害。

 

対人緊張が強い、赤面症など、社会不安障害。

ストレスによる、動悸、混乱、めまい、吐き気、呼吸困難といったパニック発作をおこす、パニック障害。

 

人から離れることでおこる不安感、分離不安障害。

ショックな出来事によるトラウマ、心的外傷後ストレス障害。

 

というように、いろいろありますが、すべての不安障害には不安感と自律神経症状が伴います。

 

不安障害の原因

さて、ずっとブログでは不安感や不安障害の原因や治療法の話しをしてきましたが、もう一度、改めてご説明しますと。

不安感、あるいは恐怖感。寂しさ、孤独感、焦燥感、自信がない、自己効力感が低いでもよいですが。僕は、それらは、すべて不全感であると呼んでいます。

自分がこの世界にハマっていない感じ、浮いている感じとでも言いましょうか。

その原因は、両親に上手く愛されてこなかったためであると僕は思っています。
僕は、幼少期の寂しさというのはトラウマであると考えています。

自力で生きていくことが不可能な生命が、寂しい状況にあるというのは、それだけで生命の危機といっても大げさではないからです。
そして、その後の人生、ずっと不安を感じて生きていくのです。

かく言う僕も、生後半年で母親が家を出てしまった(記憶にないが)ので、物心ついた時から、言いようのない不安感と孤独を抱えて生きてきました。当然、僕は自己治療してきていますが(笑)。
すべては、ここが出発点です。

不安障害の治療で、これら不安感や不安障害をいかにして治療していくかというと。

多くは、薬物療法でしょう。抗不安薬と抗うつ薬です。
しかし、僕は、それでは根本解決にはならないと思っています。
たとえ、症状が落ち着いても、また再発。いつの間にやら、クスリ漬けというのも、よくあることです。

 

では、薬以外の治療ではどうか?
根拠のある治療として、心理療法というものがあります。

心理療法的にいうと、不安障害には段階的脱感作法という治療法があります。
心的外傷後ストレス障害(トラウマ)には暴露療法。
EMDRやPE法という治療法があります。強迫性障害には暴露反応妨害法という治療があります。

すべての治療に共通して言えることは、すべての治療が、過去の不安、恐怖、寂しさの想起(暴露)なのです。
とは言え、過去の苦しみの想起(暴露)を、今、苦しんでいる人がしようとしても困難だと思います。
いかに苦しまずに、苦しみを想起(暴露)するかが不安障害を回復に導けるかのポイントになります。

ちなみに、僕は、不安障害に対して、これらの治療を使用しません。

僕が使っている治療は条件反射制御法という治療です。
しかし、理論の根っこは同じであると考えて下さい。苦しみの想起(暴露)です。

そして、他の心理療法を使わずとも、さまざまな不安障害すべてに劇的に効果を示す。
それほど、条件反射制御法は不安障害全般に対して有効な治療であると言えます。

さらに、条件反射制御法は根本的に回復することができます。

要は、理論を理解し治療をすれば、生涯、再発することはないと考えています。
条件反射制御法の骨子は、まず、不安を止めることにあります。
これが、他の心理療法との大きな違いでもあります。その後、苦しみの想起(暴露)により、不安を弱める、消すことにあります。

条件反射制御法は比較的苦痛なく、スムーズに回復にいたることができる画期的な治療であると言えます。

 

手を広げる男性
最新情報をチェックしよう!