対象療法ではなく生命の根本に効く根本治療

今回は、K’sセラピールームの治療が根本治療であるということについて、すこし詳しめに書いていきたいと思います。

先日、回復した人が感想文を書いて持ってきてくれたのですが。
「薬などの対処療法ではなく、根本治療を」と書いてくれました。ありがたい言葉ですね~。
ということで、僕の治療は根本治療であるということです。

それと、同時に薬は対処療法でしかないということを、あまりにも知られていないので。そのことについても書いていきます。
ただ、対処療法が悪いといっているわけではないですからね。僕も長年精神科で働いてきたものですから薬が一時的に必要なのは知っています。
でも、僕は多くのメンタルヘルス疾患に対して、薬は対処療法でしかないと思っています。
それは、統合失調症とてんかんなどの器質性の疾患以外です。

・・・わかりにくいですね(汗)。
生きづらさ、うつ病、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害などの不安障害、不眠症、自律神経失調症、摂食障害、依存性などなど。そういった苦しみ、病気に対し薬は対症療法でしかないということです。

要するに痛み止め程度の効果でしかないということです。

例えば、歯が痛いと痛み止めを飲んで痛みが消えた。これは、治っていますか?ということです。
ぎっくり腰、骨が折れた、痛み止めを飲んだ。痛みが消えた。治っていますか?

それは、治っていないですね。
ただ、全く意味がないとも言い切れない。そんな程度のもんです。

根本を治さないと、治らないのです。

それと、精神科薬についてですが、ほとんどの精神科医や薬剤師は精神科薬の危険性をきちんと正確に伝えていません。
当たり前ですけど、どんな薬にも副作用があるということです。

それに、精神科薬は脳に作用するものですからね。
その怖さというものも正確に知っておかなければいけません。
まあ、効果と同時に、そのリスクも知っておかないといけないですね。

これは、ヨーロッパから僕のところに電話をして来られた日本人の方がいまして、やはりあちらではきちんとリスクを伝えていますね。

クスリのリスクですよ(笑)。
副作用、リスクといっても、例えば睡眠薬を飲んで日中眠気が強くなる、体がだるくなるといった、ちょっと考えたら分かるようなことは、日本の精神科医や薬剤師も伝えているとは思いますが。

しかし、一番、重篤で、大切なことを教えていないのはなんなんですかね?

繰り返し言いますよ、ヨーロッパではキチンと伝えていました。しかし、僕は、今まで日本では説明を受けたという人を誰ひとりとして見たことがないですね。

それは、処方薬に依存するということです。

睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬(とりわけSSRIやSNRI)、ADHD薬(コンサータ)に依存するということを伝えていないですね。
そもそも、処方薬に依存するということを、ただ単に薬がやめられないようになると思っている人がいるので困ったものですが。

依存とは、そんな生やさしいものではありませんよ(汗)。
ベンゾの依存についてなどは、精神科医や薬剤師に聞くよりは、よっぽどネットに書いてある方がくわしいので、そちらで詳しく調べて下さい。

クスリ漬けとみなさん言いますが、ホント廃人みたいになる人もいますからね(汗)。
僕は、処方薬依存で死んだ人も見てきたので。コレで察して下さい。
とりあえず、今回の本題は薬についてじゃないので(汗)。

アラ?薬の話で終わってしまいますね(汗)。

とにかく、対処療法(薬など)でなく根本治療を、です。

トラウマ(心的外傷)とは心の傷です。これは、取れます。治せます。

一般的には、トラウマに関連した疾患はPTSD(心的外傷後ストレス障害)ぐらいに思っているかもしれませんが。
僕は、生きづらさも、うつ病も、不安障害も、依存症もトラウマに関連した状態であると思っています。

そして、トラウマのエビデンス(治療的根拠)はハッキリしています。
これは、アメリカの精神医学会、イギリスの精神医学会、双方が認めているところです。

これを、暴露療法と言います。
というか、暴露療法しか効果はないとまで明言しています。

他の薬物療法や、心理療法は効かないのです。

そして、暴露とは、過去の辛かったことの想起をすることです。それで治るということです。

簡単ですね(そんな、簡単にいくか!)。
ノリツッコミです(笑)。

これが薬などの対処療法でなく、根本治療です。という話になりますが。

今回は、もう少し突っ込んでトラウマとは条件反射です。という話をしていきます。

トラウマは条件反射です。

それは、PTSDの症状でフラッシュバックという有名な症状をみなさん聞いたことがあると思います。あれこそ、条件反射ですね。

震災、津波で命からがら丘の上に駆け上がり、助かった。
トラウマとは生命の防衛反応なので、「あんな怖い思い二度としたくない」と体に強くその思いが刻まれるのです。

結果として、テレビのニュースで津波の映像を見ただけで、パニック症状(自律神経の反応)を引き起こすようになります。
これをPTSDと呼びますが。

まさに、条件反射ですよね。

梅干を見て唾液が出るのと原理は同じなのです。
それなのに、辛い出来事があったとして「もう、あれから何年も経ったんだから、忘れて前に進もうよ」と友達から言われても。残念ながら、気休めにしかなりませんね。

だって、梅干を見て唾液が出るのは止まらないでしょう?ってことです。

このメカニズムを解き明かしたのが、誰もが知っているイワン・パブロフという生物学者です。
パブロフの実験は、犬に餌を食べさせる前に、必ずベルを鳴らすようにした。すると、ベルを鳴らすだけで唾液が出るようになる。

「パブロフの犬」です。
梅干を見ただけで、唾液が出るのと一緒ですね。
そして、今度は、その反射を消すために、ベルだけを鳴らし続ける。

チリン、チリン、チリン・・・。

すると、ベルの音を聞いても唾液は出なくなる。

これを、反射の消去と呼ぶわけです。

経験によって身に付いた反射は、すべて消すことができるのです。

トラウマは消せます。
依存の欲求も消せます。

不安も、怒りも、恐怖も、悲しみ・・・も、もちろん消えるわけです。

これは、反射の消去なので消えると表現していますが、みんな記憶が消えると思うんですよね(汗)。
そういうことじゃないんですよね(汗)。

あの時の、過去の、不安、怒り、恐怖、悲しみ・・・が消えるんです。
当然、条件反射なので、今の不安、怒り、悲しみ・・・が消えるんです。記憶は消えませんよ。

そして、梅干しを見て唾液が出るという反射ももちろん消せるのです。

この行動のメカニズムは生命である限り絶対です。条件反射からどんな生命体も逃れることはできません。
条件反射はアメーバにだってあるのですから(汗)。

つまり、治療は絶対に効くということです。
でも、絶対といったら、絶対なんてものはないので、ここは謙虚に99%は治ると言っておきます(笑)。

ご予約をご希望のお客様はこちらをクリックして予約ページに移動してください。

オンラインカウンセリング(zoom・skype)も出来ます。オンラインカウンセリングの手順はこちら

K'sセラピールーム予約ボタン

スパーク
最新情報をチェックしよう!