ストレスの原因と対処法を知ってストレスフリーになりましょう

 

さて、みなさまにはストレスがありますか?
その原因はなんでしょうか?

恋の悩み、仕事の悩み、家族や友人など人間関係の悩みですか?
それとも、人の目が気になる、緊張するなどの、自分自身のことに対する悩みでしょうか?

人が社会が悪いのか?はたまた自分が悪いのか?
原因はなんなんでしょうかね?

まず、原因のすべては自分だと思って下さい。

だって、あなたが生きにくい~って言っている、この日本社会で明るく楽しく生きている人もたくさんいるでしょう?
いやいや、みんなスネに傷はあるけど無理しているだけですって?その考え、相当、ひねくれていますね(笑)。
まあ、僕は自分自身が変われば、すべては変わると思っていますよ。

僕も、ずっとテポドンが落ちて来て世界が滅ばないかな~と考えて生きてきましたからね(怖)。
僕も、ひねくれていて、斜に構えて、人が嫌いで、でもさみしい人間でしたから。

そんな僕も変わりました。そして、人は変われると信じています。
最近、こういう質問というか、思いを吐露する人が多いことに気づきました。

「私の性格なんですかね~?」とか
「私は、発達障害なんですかね~?」とか
「私は、自己愛性人格障害なんですかね~?(なぜか必ず自己愛性人格障害なんですよね 笑)」とか。

原因は性格か、脳の器質的な問題か、それとも遺伝子かというわけです。
まあ、そう思うなら、そういう所に行ったら、そのような診断をつけてくれるでしょう。

でもね。そこに可能性や未来がありますか?

せいぜいが、自分はこういう特性がある人間だから・・。
だから、こうやって生きて行くしかない・・。
というように、受け入れて生きていくしかなくなるじゃないですか・・。

それも、それでいいならそれでいいとも思います。
ただ、そんなのはわたしは嫌だ、と思っていたり。
苦しみがあるのなら、その人は変われる人だと僕は思っています。

だいたい、僕は、最近流行りの発達障害もADHD(注意欠如多動性障害)とかアスペルガーの方も、時々、治していますし。
ADHDも昔だったら、ただの落ち着かない子と言われて済んでいた話だとも言われたりもします。

もちろん、僕も発達障害そのものを疑ってはいません。
でも、誤診断、過剰診断が多すぎないか?とは思っています。
生育の中で、上手く脳の機能が発達しないということはあると僕は思っています。

そういう僕も、幼少期、聴覚過敏があったり、落ち着かなかったりしましたから。
精神科に勤めるようになると、職場の上司から無理やり(パワハラですね 笑)、発達障害の簡易テストを受けさせられたり。
もちろん発達障害ではなかったんですけど(ギリギリ 笑)、医者からは「片山君、正直に書こう」と言われたぐらいですから・・・失笑。

すいません。ついつい、発達障害の話になってしまいましたね。
変わらないということを受け入れて生きていくか、人は変わると思って生きていくか・・生き方の違いですかね・・。

まあ、そういう生きづらさがあるとストレスもかかりやすいということです。
人の目が気になったり、いろいろなものを恐れたり、イライラと腹を立ててみたり・・。

そして、ストレスがあると、前回も話したとおり、自律神経症状が出てきて、果てはうつ病などの精神病になってしまいかねないですね。そして、とうとう僕みたいなメンタルヘルスのプロのところに来るようになるのです。

上手いストレス解消方法というものは?

例えば、散歩とか、運動。ヨガとか、フィットネスジムとか。
買い物をしたり、イベントに出たり、デートしたり、美味しいものを食べたり。

趣味を見つけましょう・・
睡眠、整体、針灸、マッサージ、お酒に、薬・・。なんでも解消方法にはなるでしょう。
ちょっとやりすぎると依存・・みたいになったり。

さて、今回はもう少し上等なストレス発散方法をみなさんにお伝えしたいと思います。

それは、話すということです。

・・なんだ、そんなことか・・と思いますか?
いやいや、侮ってはいけませんよ。
僕が何のために、1人2時間、たっぷり時間をとって話を聞くのか。そこに効果があるからそうしているのですよ。
きちんと、自分の苦しみを言葉に出して、話をしてみて下さい。
すっごい楽になると思いますよ。

それらの効果を知っているから、世の女性たちは女子会とか言いながら、会社の上司の悪口を言ったり、旦那や子供の愚痴を言い合ったりしているんですよ。

女子は発散方法が上手いですからね。
苦しみを言葉に出して、苦しみを浄化するのです。

ただし、何を話したら楽になるのか分からないとか。そもそも、自分の苦しみの原因が何なのか分からないとか。
話を誰かとしても、その相手の言葉で傷ついてしまったりとか。
そういう人は発散していくのは難しいかもしれませんね。

手を広げる男性
最新情報をチェックしよう!