愛するということ。そんなことさえ分からないのです。

 

基本的に、苦しい人は、自分がいっぱいいっぱいですから、人を愛する余裕はないです(汗)。
怒りと憎しみの傍に愛なんてかすんでしまいますね。

僕の両親がそうであったようにね。元もこもないですかね(汗)。
それを、踏まえた上で、愛をあえて形にすると。

思いやりとか、やさしさとか。
ありがとうとか、愛しているという言葉。
手をつなぐ、抱きしめるという行為ですかね。

一緒にいて、笑ったり、楽しんだり、どこか行ったり。そんなもんです。
これが、愛です。愛するということです。

でも、実際にやることは、コントロール、支配、依存ではないですか?

怒って、指示して、命令して、なだめて、お願いして、泣いて。

「アレして。コレしなさい」「うるさい!」「静かに!」「人に迷惑かけるな!」「嘘はよくない」「親の言うことは聞きなさい」「反論するな」「言い訳するな」「ケンカするな」「片付けしなさい」「勉強したの?」「お風呂入りなさい。歯を磨きなさい」「どうして、あなたは〇〇なの。情けない」「お願いだから、アレやって」

僕のところに来るのは、これらを、やられて来た人たちばかり。

僕は、どうだったかな?
僕は、両親がケンカばかりしていたので、こんなことも言われなかったかもしれませんね(汗)。
これで、あなたの愛は親に、夫に、妻に、恋人に、子供に、友人に届くと思いますか?

僕は、難しいと思います。愛はそんなものです。

苦しい人は、人を愛することは難しいです。

そして、苦しみをとれば、愛しか残りません。「今日は天気がいいね~。幸せだね~」ってなります。

ご予約をご希望のお客様はこちらをクリックして予約ページに移動してください。

K'sセラピールーム予約ボタン

笑う子ども
最新情報をチェックしよう!