毒親について考える

毒母本ブームですね(笑)。
毒親とか、毒母って言葉もネットを中心に定着してきた感じがありますね。

「毒親」の語源

そもそも、毒親っていう言葉の語源は、アメリカの精神科医スーザン・フォワードが「毒なる親」という言葉を使い出したからです。
毒母については、精神科医の斎藤環先生が使いだした言葉ですが、その後、女優の遠野なぎこさんが
「腹を痛めて、産み、育ててくれた母親を悪者にするなんておかしい!」と批判してきたそうです。
斉藤先生、ご自身が公演で話していました(汗)。
僕は、まあ、斉藤先生も母親を悪者にしたいとか、そういう意味で言ったわけではないのでしょうが、期せずとも、悪い意味で捉えてしまっている人が多いように思います。だって「毒母」だもんね(笑)。

「毒親」の意味

意味は、子供にとって毒になる親、母といった感じですね。そのまんまですね(汗)。
育児放棄、虐待といったわかりやすいのから、支配、コントロールも含まれます。
斉藤先生は「毒母は娘の体を使った生まれ変わりである」と言っていたのが興味深かったですね。

ちなみに、スーザン・フォワードさんの書籍の中では

子供に対するネガティブな行動パターンが執拗に継続し、それが子供の人生を支配するようになってしまう親ー引用『毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫) [ スーザン・フォワード ]

上記の親をさした言葉として「毒なる」とか「有害なる」という言葉をつかっています。

「毒親」に関する僕の考え|「毒親」も子供の幸せを願ってる

毒母でも、毒父でも、毒親でも、なんでもいいんですけど、僕は子の幸せを願わない親はいないと思っています。
じゃあ、なんで、毒親や毒母がいるのか?

答えはシンプルです。
毒親、毒母なる人も、やはり苦しんで生きているということです。
なぜ、愛せないのか?それは、愛されてこなかったからです。
どう、愛せば良いのか分からないのです。あるいは、それを、愛だと思って生きてきたのかもしれません。

「毒親」の連鎖

毒親、毒母の親もまた、毒なのです。
これは、家族間連鎖、親子間連鎖です。
悲しみと憎しみの連鎖です。それが延々と家族の中で、親子の間で続いてきているのです。

「毒親」という言葉を作ったスーザン・フォワードさんも著書の中で

つまり「毒になる親」というのは、その親もまた「毒になる親」だったのである。かくして、そこには「毒になる家系」とでもいえるものができあがってしまっている。ー引用『毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫) [ スーザン・フォワード ]

と示しています。

 

スーザン・フォワードさんの言っていることは納得ですが、僕は、毒親っていう言葉は嫌いです。
なぜなら、家族全員が苦しんでいるからです。
願わくば、悲しみ憎しみと連鎖が終わり、本当の家族になってもらいたいものです。

両親と子ども

最後に愛情について

どんなに大切に思っていても、どんなに愛していても、

相手に愛する思いが伝わって初めて愛情です。

あなたの、愛は伝わっていますか?

ご予約をご希望のお客様はこちらをクリックして予約ページに移動してください。

オンラインカウンセリング(zoom・skype)も出来ます。オンラインカウンセリングの手順はこちら

K'sセラピールーム予約ボタン

両親と子ども
最新情報をチェックしよう!