CATEGORY

生きづらさについて

当セラピールームのカウンセリング対象である生きづらさについての記事です。睡眠障害・アダルトチルドレン(AC)・愛着障害・自律神経失調症・HSPの記事になります。

寂しさとは、幼少期の願望である

寂しくて苦しい・・と言っている人はたくさんいます。でも、何がそんなに寂しいのか?本当の理由は、分かっていない人ばかりです。寂しさは、幼少期からの寂しさ・・と言ったら理解できる人が多いのではないでしょうか。 誰も寂しさの原因が理解できない 友 […]

ACは気づけない、認められないのが普通です

アダルトチルドレンの苦しみは親に問題があったと認められないことです。 それこそが親子関係の苦しみで、これこそがアダルトチルドレンなのです。 カウンセリングをしていると、どうしても親の話になります。すると多くのクライエントは涙を流し出します。 […]

自分がなくなるのはアダルトチルドレンだから

いつ頃からだろう・・人の顔色をうかがうようになったのは、人に気を使って自分の意見も言えなくて・・・やりたいこともなくなって、楽しめることもなくなって・・・とうとう自分がいなくなってしまった・・・。 ・・そんなことになっていませんか? そうな […]

苦しんでいる人が一番辛いのは、正論を言われること

うつ病の人に「元気を出して」とか「頑張ってください」なんて言葉を言うことってタブーですよね? でも、不安障害の人に「気にしすぎだよ。そんなに気にしすぎないで」とか。依存症の人に「そんなことしたらいけないよ」とか・・言っちゃいそうですよね・・ […]

意味がないものにこそ意味があるのかもしれません

  なんにでも「それに、なんの意味があるの?」とか 「そんなものに意味がない」とかいう人はいるのでしょう。 冷めているというか・・合理主義というか・・ そんな人たちにとって意味があるのが、だいたい「お金」だったり「仕事」であったり […]

人の苦しみはすべて過去からきている

  寂しくて、不安が強くて、恐怖心がある、強い怒りがある精神的な病気とか、症状は山ほどありますが、基本、人の苦しみは上記のような、寂しさ、不安、恐怖、怒り・・そんなところだと思います。 他にも、あげればいろいろあるのでしょうが・・ […]

申し訳ないという人が、一番申し訳ないのです

  僕がよく言うセリフで 「申し訳ないと言うことが一番申し訳ないことだよ・・」 ということがあります。お客さんから「??」みたいな顔をされることも多いですが・・・ 今回は、このことについて詳しく説明していきたいなと思います。何かし […]

人からの愛情が受け取れないという人たち

  前回、人が信じられない人・・という話でしたが。今回の話は、前回とセットの話だとは思いますが、人からの愛情が受け取れない人というのもたくさんいるという話です。 人が信じられない、猜疑心があると・・・「どうせ、裏切るんでしょ」とか […]

人が信じられないという人へ

  人が信じられない・・このブログを読んでいる人の中にも、そういう人は多いんじゃないかなと思います。 人は、なぜ人を信じられなくなるのでしょうか・・・答えはすごいシンプルだと思います。 今まで、人に傷つけられてきた。人に裏切られて […]

愛情が良いことばかりでもないのです

  「愛ゆえに人は苦しまねばならぬ。愛ゆえに人は悲しまねばならぬ」 胸に染みるいいセリフですねえ・・・ みなさん、このセリフを知っていますか?ご存知、サウザーのセリフですね。 ・・・まあ、知らないですよね(笑) 今まで、カウンセリ […]

年末年始は寂しいことばかり

早いもので、もうすぐ1年が過ぎますね。 みなさん、この1年いかがお過ごしでしたか? この時期は、クリスマス、忘年会、お正月に新年会、クリスマスプレゼントに、お年玉、初詣・・年末年始はイベントが目白押しですね。 これを読んでいる人たちは寂しい […]

愛情が分からない人へ・・

  最近の投稿は「愛とは・・愛情とは・・」みたいな話が多いですけど。こういう事を書いていたら 「何が愛だ。綺麗事を言うな」と、そのように思う人も少なからずいるんだろうなあ・・と思います。 僕も、その気持ちはよく分かります。 僕も、 […]

自分を愛するということ

  愛着障害、愛情不足で育った人たちは、どうやったら満たされるのでしょうか? どうやったら、寂しさが終わるのでしょうか? 今からでも両親に愛されるよう最大限、努力をしていくのか・・・ それとも、誰か自分のすべてを受け入れて、愛して […]

誰かのために生きるということ

愛着障害、寂しい人は自分の寂しさを埋めるために、どうするのか・・・。どうやって生きていくのか・・・というと。 多くは、誰かのために生きるようになるのだと思います。 そういう僕も、ひたすら誰かのために生きてきました。 僕ほど人のために生きてき […]

僕はすでに愛されていたのです

  僕は愛着障害でした・・・ ずっと寂しくて、ひとりぼっち・・・どこにも居場所はない・・・ すっとそんな感覚で生きてきました。 自己治療していく中で・・・ある日、沈む夕日を見て、あまりの美しさに涙がこぼれた・・・。 バイクを運転し […]

愛情に最も近い言葉は安心感です

  今日は「愛」について話をしていきましょう。 愛情ってどんなものでしょうね・・・ 愛とか、愛情を形容するのってものすごく難しいもののように思いますね。 そもそも、そんなもの分からなかった僕ですから・・・ 愛情とは、優しさ、温もり […]

恋人や家族がいても寂しい・・・という人へ

  寂しい・・寂しい・・寂しい・・・ 寂しくて、誰といても、誰がいても満足しない・・・ 何をしても物足りない・・・何をしても満たされない・・・ 絶対的孤独。ひとりぼっち。 それを誰も理解してくれない。受け止めてくれない。分かってく […]

寂しさ・不安感・恐怖心は無いのが普通です

  「寂しさ・不安・恐怖は無いのが普通ですよ」って言うと、 お客さんから「そんなワケがない!」と反論をいただくことがあります。 そんなに反発しなくても・・・。 そういうのを治すために僕のところに来たはずなのに・・・そこを反対されて […]

自分で決められない、自分が分からない人たち

  前回、「どうしたらいいですか?」という人は、だんだんと「どうしたらいいか分からない」という人になっていくんですよ という話しを書きました。 30代、40代・・いい大人が何にも分からなくなるんです。 ・・・そんなバカなことが・・ […]

さみしさはトラウマです。さみしさを治しましょう。

僕は、「さみしさはトラウマだ」とハッキリ言っているのですが・・・。 この表現では、真意がどうもうまく伝わっていなかったのでしょう・・。 トラウマ(心的外傷)とは命の危機です。 みなさ~ん!さみしい・・・って命の危機なんですよ! もう少し正確 […]

みんな、みんな、寂しいのです

  はたして、それらは、本当に必要なものなのだろうか? 電車に乗ると、みんな一斉に携帯を触りだす。 今は、空いた時間は景色を見るためにはないのだ。 みんな、時間に追われるように、携帯の中で、たくさんの人とつながって、たくさんの情報 […]

生きづらさは治る。人間本来の姿は、不安や孤独感、寂しさ、恐怖、怒り、緊張がないのが普通です

生きづらさといったら、最近のはやり病(笑)。ADHD、アスペルガー症候群、発達障害を疑ってしまいますよね。 メディアやネットでも、アスペ、アスペと騒がしいですね。 僕は、これら発達障害をかなり疑ってみています。 精神発達遅滞(いわゆる知恵遅 […]

反抗期がない子供。「キライ」が言えない大人。

人はどう考えて、何を思い、いかに生きていくものなのか?という投稿の中で 自発的ではない我慢はよくないと言いました。 我慢なんて、普通に自発的にするものじゃないの?とお思いでしょうが。幼少期から、我慢の強要を受けている人が、この国には実に多い […]

自律神経ってなんだ

最近、心と体はつながっているということを書いていますが、そもそも自律神経症状、自律神経ってなんだろうって話です。 まず、よく誤解があるのですが、自律神経失調症という病名をよく聞きますが、 そういった病気はこの世にはありません。概念だけです。 […]

生きづらさ 追記

前回、僕のパーソナルなストーリーは、普遍性があるという話を書きましたが、 やはり、パーソナルな話だったかもしれませんね(汗)。 共感できた人もいただろうし、共感できなかった人もいると思います。 そのため、今回は生きづらさとは何か 追記 とし […]

生きづらさとは何か

  生きづらさってどういうものを指すのでしょうか。 人に嫌われるのが怖い。 人付き合いが苦手。 人の顔色ばかり伺ってしまう。 対人緊張がある。 言いたいことが言えない。 イライラが抑えられず人を傷つけてしまう。 人を傷つけて落ち込 […]

アダルトチルドレンについて

  アダルトチルドレンとは 斎藤 学先生が作った造語です。直訳すると大人っぽい子供となりますが、過緊張状態の家庭で育った子供は生きるために親の顔色をうかがい、適応していきます。 つまりおとなしい、いい子になります。 子供っぽくない […]

自律神経がバランスを崩して自律神経失調症になる

心理カウンセリングの対象疾患・症状で書いた、自律神経なのですが、分からないという人もいると思うので補足です。 自律神経のバランスが崩れる 自律神経とは交感神経、副交感神経といった自立した働きをする神経のことで、交感神経や副交感神経の働きは、 […]