人が信じられないという人へ

人が信じられない・・
このブログを読んでいる人の中にも、そういう人は多いんじゃないかなと思います。

人に傷つけられたから信じられない

人は、なぜ人を信じられなくなるのでしょうか・・・
答えはすごいシンプルだと思います。

今まで、人に傷つけられてきた。人に裏切られてきたからだと思います。

そういうことが、今までたくさんあったのだろうと思います。
いかがでしょうか?

その経験は、人によってさまざまでしょうが・・
学生時代のいじめ、であったり。社会人になってからのパワハラ、であったり。
こういういじめやパワハラがあると人が信じられないというより、人への恐怖が先にきてしまうかもしれませんが・・。
人も信じられなくなりますよね。

あるいは、詐欺みたいなものにあったとか、
友達と喧嘩別れをしただとか、
彼氏や彼女が浮気をしただとか・・

こういうのを裏切りととらえ、ひどく傷ついたら人が信じられなくなるでしょう。

誰も、守ってくれなかった。
助けてくれなかった。
親身になってくれなかった・・・

そんな出来事は、すべて人への不信感へと変わっていくのかもしれませんね。

不信感があったから、今まで生きてこれたという側面もあるでしょうが・・
不信感を持って生きていくというのも、人や社会が信用できないわけですから苦しいのではないかなと思います。

また、不信感が強い人になればなるほど、やはり回復というのも難しくなっていきます。回復とは、不信を信頼に変えることかもしれませんから。

例えば、僕がどれだけ「苦しかったね・・」とか、「よく頑張ったね・・」とか、優しい声かけをし、今までの人生を慰めたり、褒めても・・声が届かない人というのはいます。

涙一粒流れない人・・そんな人もいますね。なかなか人の心というものは難しいものです。
そんな人たちは、内心「会って何時間でわたしの何が分かるの?」とか「どうせ、お金を払っているからそういうこと言っているんでしょ?」とか・・さすがに、そこまで人間不信が強い人は少ないかもしれませんが・・・。

それに近い人たちが僕のところにはたくさん来ていると思います。
半面、「そんなことは親にも言ってもらったことがない」「私なんかに申しわけない」と泣いてくれる人のほうが多いですけど。そういう人たちのほうが改善するとも言えますが・・こういったパターンでも、なかなか大変な場合もありますね・・・

不信感の強い人たち

あと、最近ブログでよく話をしている。愛着障害とか、アダルトチルドレンの方たち。

こういう人たちの不信感というは強いです。
本来、一番信頼できる人、親という存在が信頼できなかったのですから・・・
それは、人が信頼できなくて当然なんですよね・・・

人が信じられるようになれば・・・あなたの生きる世界も不信から、信頼できる世界に変わるでしょう・・・
人や社会が信じられなくても生きていけるかもしれませんが・・

それは、決して幸せとは言えないと僕は思います。

親身になる

ご予約をご希望のお客様はこちらをクリックして予約ページに移動してください。

K'sセラピールーム予約ボタン

手を握る
最新情報をチェックしよう!