条件反射制御法を使った禁煙の自己治療

条件反射制御法を臨床で実践しだして、患者から言われた一言が忘れられません。

「人をモルモットにしやがって!お前だってタバコをやめとりゃあせんがな!」

もちろん、モルモットにしたつもりはないですが。
アルコール依存症の人で断酒後のイライラ、焦燥が強かったとも言えるし、新規的な治療の導入ということで、そう感じたのでしょう。

そうです。
僕もニコチン依存症です。
中学2年の時からですから、かれこれ20年以上タバコを吸ってきました。
立派なニコチン依存症者ですね。

喫煙

別に患者に言われたから、やめなければならないというわけではないですが、この時、ちょうど結婚し、子供ももうすぐ生まれるというタイミングだったので、そろそろタバコは潮時かなと思い、やめることを決心しました。

条件反射制御法で自己治療スタート

さあ、条件反射制御法で自己治療スタートです。

第一ステージ タバコの欲求を止める

さて、第一ステージはタバコの欲求を止めるためのルーティン作りです。

条件反射制御法ではこれを「負の刺激」と呼びます。
このステージは特に自分の欲求の変化に気づいてなかったと思う。

第二ステージ 疑似摂取

次は第二ステージです。「擬似摂取」という方法をおこないました。

簡単に言うと電子タバコを吸うです。
これも、ルーティーンと同じく、きちんと手順をおこなわないと効きません。
しかし、この頃の僕は、まだ未熟で、手順など守らずに、ただひたすらに電子タバコを吸っていました。

当然、あまり効くわけもなく、3日ほどはのたうちまわるほど苦しみました。
手に汗が出て、額にも汗がにじみました。
治療的には上手くはないですが、1週間ほどで欲求が減っていくのを感じました。
よしっ、このままタバコがやめれるぞと思っていた矢先、電子タバコを紛失してしまったのです。
いくら探しても見つからない。パニックです。

ああ、もうダメだ。諦めて、タバコをコンビニに買いに行こうと思ったとき、ルーティーンを思い出しました。
パッパッとルーティーンをすると、先程までの苦しみがスーっと雪のように消えていくのを感じました。

効くやんけ!

誰も効かないなんて言ってなかったのだが、半信半疑でやっていたルーティーンが効くことに驚きました。
そして、第一ステージが意味があったことも同時に知りました。

この治療は凄い!と体感して感じた瞬間でした。

その後、そのまま無事に禁煙でき、今、禁煙10年目です。(2020年現在)
結果論かもしれないが、自分がニコチン依存症でよかった。

患者の苦しみも数十分の一はわかるし、こうやって依存症であったおかげで自己治療でき、条件反射制御法の効果も実感できたのだから。

めでたし、めでたし。とはいきません。
自己治療の道はまだまだ始まったばかりでした。

禁煙のその後の経過

無事、条件反射制御法で禁煙できた僕は、どうなったと思いますか?

それは、太ったんです。むちゃくちゃ太ったんです。・・・20Kgです。55kg→75kgまで一気に太りました。

1年ぐらいの間にです。
一般に禁煙をしたら口寂しくて太ると言われますが、それでも平均5Kgぐらいのはずですよ。

基本的に条件反射制御法は欲求を消去する治療なので、口寂しいという感じも特にせず、食事量も増えてはいなかったんですけど。でも、短時間で20kg太ってしまいました。
タバコをやめたせいで、太って死ぬなんて洒落にならないと思いました。

なんで太った?むしろ結婚し、規則正しい生活になったはずが。
年をとって代謝が変わったから?
原因は長らく分かりませんでした。

簡易PE法によるトラウマ治療

さて、月日は3年ほど流れて。
僕は簡易PE法というオリジナルのトラウマ治療を開発しました。

僕自身もトラウマはあると思っていましたが、別にこの時の時点で、すでに、仕事や人間関係に困ることもなくなっていたので、しなくても良いかなと思っていました。
それに、自分と向き合うのが怖かったんだと思います。

先に治療をしたのは妻でした。
僕もしんどい人間だったので、妻もしんどい人間だったんですね。そういう風に、引き寄せるものなのです。

それは、さておき。
妻もいろいろしんどかったんですが、ものすごく良くなったらしく、僕に過剰に勧めるようになりました。
めんどくさいし、嫌だし、でも妻も勧めるし、患者には提供しているもので、やるしかないですね。

やったら、ズドンと身体が重く、頭は痛く、背中は痛くて動けなくなりました。
そして、下痢です。
水分を採っていないにもかかわらず、水のような下痢がジャンジャン出ました。
1日で2kgぐらい痩せましたから、笑えますね。

精神科で長年働いて、依存症病棟でまた、働いて。自分と向き合う日々を過ごしてきたつもりでしたが、全然、向き合えてませんでした。
そして、とうに忘れ去ったと思っていた過去も、そんなことはありませんでした。
まったくと言っていいほどトラウマは浄化されていなかったのです。

今まで悩まされていた、偏頭痛も、体のだるさも、ストレスが溜まったら下痢をするのも、全て過去とつながっていたんですね。
トラウマ治療をしたら、全ての症状が消えました。
もちろん、肥満も解消です、とはまだなっていませんが、微減ぐらいにはなりました(笑)。
過去のことを考えなくなったので、頭がスッキリしました。感情的になることもなくなってきました。

自分で作ったトラウマ治療ですが、これは効きますね(笑)。

結果論かもしれないが、自分が苦しんで生きてきてよかった。
患者の苦しみも数十分の一はわかるし、こうやって生きづらさがあったおかげで自己治療でき、簡易PE法の効果も実感できたのだから。

ご予約をご希望のお客様はこちらをクリックして予約ページに移動してください。

K'sセラピールーム予約ボタン

喫煙
最新情報をチェックしよう!