CATEGORY

心理療法について

当ルームの心理療法に関すること、精神疾患の一般的な治療の方法や心理療法について説明を行っています。

苦しみの条件反射

  癖や依存症はすべて快楽(報酬)による行動の強化、条件反射であり、そのためわかっていても反応してしまうという話をしました。 しかし、K’sセラピールームで治療の対象としているのは、生きづらさ、うつ、パニック障害などです。 これら […]

回復には感情の浄化(カタルシス)が必要なのです

苦しさからの回復・・という事を考えた時に、それに必ず必要なものがあります。それが感情です。 昔、フロイトという精神科医がいて、ある記録では、フロイトが患者さんの苦しい話をずっと聞いていくと、患者さんの感情があふれ出し・・そこから回復に向かっ […]

大切なのは、治せるか治せないか、それだけです

  前回もお伝えしたように、岡山でも心理カウンセリングを受けられるところは、増えてはいっています。 治療する場所、治療者と言われる人は、世の中に意外とたくさんあったり、居たりします。 立派な肩書きを持った先生・・・ 精神科医とか、 […]

求めよ、さらば、与えられん

  今日は、あなたが求めないと、僕は何もできないよという話です。 僕は、カウンセリングにしても、心理療法にしても、基本的に話しをするだけです。 その中に人の苦しみをとる為のメソッドを詰めまくっています。 僕のカウンセリング、治療は […]

K’sセラピールームの条件反射制御法とカウンセリング

私は岡山で民間のメンタルヘルス治療院をしていて主な治療対象は、生きづらさ、うつ病、不安障害、嗜癖行動、依存症などです。 これらの症状や病気に対して、一般的に認知行動療法という心理療法を使って治療していきます。 しかし、当ルームでは認知行動療 […]

話しは放しです。本当の話しは浄化になります。

  これまで、我慢は毒であるという話を書きました。 それが、トラウマとなり、少しずつ、少しずつ淀みのように溜まっていく。 そして、ある日、溢れかえるという話でしたね。溜まったものは吐き出したほうがよいでしょう。 以前、トラウマの治 […]

大切なのは治療です

  最近の投稿は、家族についてとか、愛とか、どう生きるかとか、自立についてとか、そんな投稿が多かったと思います。 それぞれについて、現時点での、僕の答えは提示したと思います。 でも、勘違いされたら困るので、一応、言っておきますが、 […]

日本社会ではカウンセリングはあたりまえじゃない

  僕も、治療の中で、カウンセリングはとてもとても大切にしている部分です。 カウンセリングをしなければ、治療ができないと思っています。 さて、今回はなぜカウンセリングが一般的にならないのかということを書いていきます。 知っている人 […]

高須院長は偉い

  僕は、いつも、高須クリニックの高須院長は偉いなあと思っています。 それは新しい薬や、手術をするときに、必ず自分の身体を使って実験するからです。 そこには、「薬や手術が安全かどうか」「患者の気持ちが分かる」という気持ちが込められ […]

減薬への抵抗勢力

  前回、書いたように、僕だけだったら、減薬は禁断症状もほとんどなく、パッパッパと終わるのですが、病院にいた時や、開業してからも、減薬・断薬が一番苦労しました。   それは、減薬への抵抗勢力がいるからです。 患者・クライ […]

ほとんどの病気は薬では治らない

  当たり前の話だが、ほとんどの病気は薬では治りません。 こんな当たり前の話をしなくてはならないほど、日本人の薬への信頼は、もはや信仰に近いレベルといってもよいでしょう。 例えば、風邪。風邪は薬では治りません。 鼻水を止めたり、熱 […]

薬の禁断症状からみえる、回復までの時間

  最近、薬の話を連投していますが、ついでなので、ちょっとめんどくさくて、誰も興味がないかもしれない話でもしておきますか。 読みたくない人は飛ばして下さい。でも、こういう記事の方が時間がかかっているんだよね。 遷延性退薬兆候は(せ […]

シャンビリ

  シャンビリって聞いたことありますか? おそらく、精神科で働いている人でさえも ほとんどの人が聞いたことも、見たことないと思います。 SSRIやSNRIといった、とりわけ新型の抗うつ薬を抜くときにおこる、有名な離脱症状(禁断症状 […]

夜の精神科病棟にて

僕は、いままで、2つの精神科病院で、約20年働いてきました。多くは看護師として。 精神科で夜勤の経験がある人は分かると思いますが、消灯後、毎夜、あるイベントがおこります。 それが、頓服祭りです。 頓服とは毎日定期的に飲む薬ではなく、調子の悪 […]

アメリカにベンゾ依存はない

知り合いの医者がアメリカの病院へ就職しまして、たまたま帰ってきた時に、会って話をしたのですが、なんと、アメリカにベンゾ依存っていないみたいなんですよ。えー!嘘ー! 話はそれるのですが、僕の友人の医師も、今、イギリス留学中なんですよね。 アメ […]

回復の目標

今回の話は、僕が治療の最終ゴールをどこに設定しているかです。 もちろん、治療のゴールはクライエントのそれぞれが抱えている苦しみが消えることであるし、どう生きるかはクライエントそれぞれが考えれば良いことではあるというのが大前提ですが。 僕が治 […]

条件反射制御法を使った禁煙の自己治療

条件反射制御法を臨床で実践しだして、患者から言われた一言が忘れられません。 「人をモルモットにしやがって!お前だってタバコをやめとりゃあせんがな!」 もちろん、モルモットにしたつもりはないですが。 アルコール依存症の人で断酒後のイライラ、焦 […]

臨床の現実と条件反射制御法の実践

2011年3月11日に条件反射制御法という治療について学んだ僕は、病院に帰って、さっそく治療を開始しました。 しかし、条件反射制御法の治療の話の前に、依存症病棟の標準的な治療について説明しておかなければなりません。 アルコール依存症に対する […]

条件反射制御法との出会い

人付き合いが上手くできず、生きづさを抱えて生きてきた僕ですが。 患者さんにとってはまったく失礼な話かもしれませんが、自分が救われるためにやってきた部分も多くあったと思います。 もちろん、仕事は真面目にしてきましたよ。 特に依存症は「生きづら […]

カウンセラーが心理療法を行う上で大切なこと

K’sセラピールームでカウンセラーをしている片山太郎です。 心理療法を行う資格について 初めに断っておきますが、僕の持っている資格は看護師だけです。 精神科医でも、臨床心理士でもございません。 ですから、治療ができる有資格はない […]

カウンセリングの基盤となる心理療法について

「意志の力や愛や薬では治らない病気がある」 という事を、少しは、お分かりいただけたと思いますが。 じゃあ、どうやって克服に導くのか、やっとその話をしていきたいと思います。 Ksセラピールームがカウンセリングを通して行っている心理療法 条件反 […]

薬物療法を中心にした治療は間違っている

日本のメンタルヘルス事業は臨界点に達している 我が国は、年間約3万人自殺している国です。 しかし、H23年以降は減少傾向にあって、H24年には3万人を割って27000人ぐらいになりました(素晴らしい!)。 日本の自殺対策がうまくいっている証 […]

心理療法の対象疾患と症状

僕が心理療法の対象としているのは、わかっちゃいるけどやめられない行動です。 わかっちゃいるけどやめられない行動で、わかり易いのは依存症です。 また、嗜癖行動も分かりやすいわかっちゃいるけどやめられない行動です。 少しわかりづらいかもしれませ […]